福岡市東区でオーダーカーテンを制作しています


by e-kplan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハトメフラットカーテン

 あるお宅のハトメフラットカーテンです。浴室の脱衣場の間仕切りに使用されております。 生地も2種類を途中から切り替えで作製いたしました。ハトメはシルバーのものを使いポールに通しております。お客様からも大変に喜ばれました。
b0129012_2149787.jpg

[PR]
by e-kplan | 2008-11-15 21:58 | ■ 取り付け施工事例

松下幸之助さんのいい話

 パナソニックの創業者の松下幸之助さんのいい話が、ある本に載

ってましたので紹介します。

ある日幸之助さんが自社工場の視察に行かれた時の話ですが、

その工場ではただひたすら小さいソケットのついた豆電球を磨く

作業をしている工員の方たちがいました。

幸之助さんはしばらく彼らの作業を眺めると、感に堪えない声で

 「ええ、仕事やなー」 と言ったんです。

そこの工員の人たちはびっくりして 「電球を磨く仕事が、何が

いい仕事なんだろう?」 と擬問に思う人もいました。

幸之助さんは彼らに言ったんです 

「ええ仕事や、あんたらが磨いた電球はどこで輝いているか

知ってるか?」 工員の方たちは自分が磨いている電球が どこで

輝いているかなど考えたこともありませんでした。

幸之助さんこう続けました、「山間の村の中には、まだ電気が行き

渡ってないところがたくさんある、そこにも子供たちがたくさん居る。

そこに住む子供たちは夜になると外でも遊べないし、

本も読めなくなる、あとは寝るだけや。

本というのは人間の心を豊かにするわな。その本を読んで彼らが

未来を夢見て心を躍らせる読書も、日暮れと共にもう少し読みたい

と思ってもページを閉じなければならない時がやってくる。

そんな時あんたらが磨いた電球が「ポッ」とともりよる。

子供たちはその本を開いて、また心を夢の世界に躍らせ続ける

ことができる。

あんたらのしていることは子供たちの夢と未来をはぐくむええ仕事

や。ほんまにええ仕事やなあ」

幸之助さんにそう言われて彼らはボロボロと涙をこぼし始めたのです。

どんな仕事でも自分のやっている仕事が人の役に立っていると

分かったら嬉しいものです。

世のため人のために、感謝を忘れずに仕事にがんばっていき

たいなと心洗われるいい話でした。
[PR]
by e-kplan | 2008-11-12 18:10 | ■ 最近感動したこと。